今回の記事では、今もっとも医療業界において目覚ましい活躍をしつつある人工知能Watsonの存在について少し触れてみたいと思います。

Watsonは正に医療のAI化を象徴している存在

皆さんは既にWatsonについてご存知でしょうか。Watsonは正に医療のAI化を象徴している存在であります。

その一つの理由としては、過去の経験からどんどん学習していくことのできるシステム、コグニティブ・コンピューティング・システムを搭載していることが挙げられます。

従来のシステムでは、過去の経験から人工知能自身が正確に判断を行うことは非常に難しい作業の一つでしたが、今ではそれすらも行うことができるよになっているのです。

蓄積されている膨大なデータから診断することができるので、いわゆる診断領域を得意とするシステムとして非常に特化した存在となっています。

イメージ出典サイト:http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/080600035/090300020/?rt=nocnt

医療業界においてかなり大きな期待を背負っている

あらゆるデータより特徴や傾向、類似点などのケースを細かく、そして瞬時に掴むことができるこのシステムは、医療業界においてかなり大きな期待を背負っているのです。

例えば、疾病の特徴や臨床のデータをあらかじめ入力しておけば、瞬時に患者さんのデータから予測しうる疾病などを表示することが可能です。

また、人工知能だけにまだまだ誤診を行うことも考えられますが、そこは医師さえいれば迅速に対応することが可能です。

既に日本のみならず、米国においても導入が進んでおり、一定以上のレベルに達した医師よりも高い実績を上げているようです。

今後、国内においても最適な治療方針を導き出す仕事は人工知能の役割となる日がくるかもしれませんね。