昨今、時代は治療中心ではなく、予防中心へとシフトしているのを皆さんはご存知でしょうか。

今最も熱い視線を注がれている予防医療

日本のみならず、世界中において今最も熱い視線を注がれているのは、医療業界においては予防医療の分野とも言えるのです。

予防医療と言えば、昨今は西洋医療に頼らないホリスティック医療と呼ばれる分野がめざましい進歩を行っており、西洋医学に限界を感じる若手の医師が新たな時代の医療であると感じ、ホリスティック医療や代替医療などの分野へと歩を進めているという話も珍しくありません。

さて、それほど加熱している予防医療の分野においても、実は人工知能が活躍をしています。

一つはバイタルデータをAIが分析し、医療連携を行う為のオプティムの発表。


AIで分析することができる

遠隔医療サービスであるポケットドクターなどと連動されていくことで、遠隔治療にバイタルデータを活用することがかのうとなっています。

今や小型センサーが一つ搭載されていれば、蓄積された情報はバイタルデータ、遺伝子情報なども全てAIで分析することができます。

そして、分析された情報を元に的確な診断を下すことができるというわけですね。

事前にデータを集めることのできる下地さえ作ってしまえば、より早く異変を察知することができ、病気の予防へと繋がるということですね。