人工知能Watsonが活躍している分野は、実は他にもあります。それは新薬開発領域における活躍です。

分析や研究が如何に早いスピードで行われている

例えば、既に米国のベイラー医科大学においては、Watsonに生化学分野における文献考察を行わせることによって、人の体内においてその働きが不明であった3つのたんぱく質について、その機能を特定することに成功しています。

たんぱく質の機能を特定する研究においては、通常のスピートで言えば1年間に1つの昨日特定ができるかどうか、というのが正常なスピードであることから、Watsonを用いての分析や研究が如何に早いスピードで行われているのか、ということが分かりますね。

イメージ出典サイト:http://ameblo.jp/snowballb/entry-12083532758.html

これまでの常識が覆されつつある!?

これは数ある人工知能の中でもこのシステム自身が備えている学習機能における賜物ではないでしょうか。

膨大なデータの中より、人では再現できない解析スピードを用いて、最適な結果を予測、出力することができるので、新薬開発には正にうってつけのシステムだと言えるでしょう。

治験でも活躍をしていることが既に分かっています。

また、既に導き出されたデータを元にがん治療い有効な新薬が開発された実績もあります。従来の研究とは、あくまでも長居年月を経て行われるものでしたが、こういった人工知能の台頭によって、これまでの常識が覆されつつあるとも言えるでしょう。