人工知能AIの進化と転職情報の変化

ここ数年、Ai、すなわち人工知能の進化には目覚ましいものがあります。

ニュースとなることも増えて来たので、あまり興味のない皆さんでも少しはそういった話を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

そして、AIの進化と同時に台頭してきているのがロボット制作技術の進化です。

これらのテクノロジーは一般人の目に触れる機会も増えてきましたが、同時に医療業界においても着実にその存在感を増して来ています。

それに伴い、新しい技術に対する求人情報も増えてきている状況です。


医療テクノロジーの進歩と転職事情

よく目にするフレーズの一つに、人工知能の進化やロボットの進化により、職を失う人が増えて来るというものがあります。

これは正直な所間違いないと言ってもいいでしょう。

勿論、その仕事によってロボットでも代用のきく仕事もあるでしょうし、決して代わりにはならない感覚的な仕事というものもあるでしょう。

さて、医療テクノロジーの進歩によって、今様々な病院において医療用のロボットが活用されるようになってきています。

例えばダヴィンチなどが良い例ではないでしょうか。

このダヴィンチを導入する医院も増えてきていますし、扱うことのできるオペレーターをこれから増やしていこうという動きが転職市場では活発となっています。


注目される医療業界とロボット技術

医療業界とロボット技術は既に切っても切れない関係にあると言えるでしょう。

では医師が機械に置き換わるのかと聞かれれば、当面の答えはNOです。

医師の仕事、とりわけ施術を要するものに関しては、医師にしかできない仕事の範囲も広いため、医師が全てロボットになってしまうような未来は、今の所あり得ないように思います。

しかし、自動的に診断するようなAIの存在もあります。

患者の年齢血液型や生活習慣などから、考えられる疾患を容易に見つけ出すことも容易です。

または転職活動中の医師にオススメの求人を紹介するなど、医師の転職情報サイトも次第に自動化していくかもしれませんね。

医師としてうまくAIとの共存を模索していくという流れが今後しばらくは続くのではないでしょうか。